まつこごと

本好き多趣味の元教員・現保育士による雑記ブログ

ハマったゲームの話【今週のお題】

小学校の頃でしょうか。

男の子の友達の家でやったニンテンドー64のたまごっちのゲームが面白すぎて、それまでテレビゲームにいっさい触れてこなかった私は「こんな世界が世の中にはあるのか!」と驚きました。

 

この記事では、今週のお題から、「ハマったゲーム」について書いていきます。

 

 

この記事を書いた人

こんにちはまつこ(matsuko_tk)です!先述の通り、小学校低学年の頃まではゲームとは無縁の生活をしておりました。

我が家にゲーム機はなく、両親がゲームをしている姿も見たことがありませんでした。

 

・・・後で分かったことですが、当時の我が家には旧式のスーパーファミコンがあったようです。懐かしの、えんじ色のものです。「ドクターマリオ」などが有名でしょうか。

ただ、スーパーファミコンは私(第一子です)が生まれてからは棚の奥深くに眠っていたそうで、私は「テレビゲーム」そのものを知らずに過ごしました。

 

そんなこんなでゲームに関してあまり縁がなかった私ですが、小学1年生のときに友達の家でニンテンドー64に出会います。

 

ゲームといえば任天堂

小学校に入ってから、友達の家でやらせてもらったニンテンドー64の「たまごっち」のゲームがとっても面白く、「ゲーム欲しい!」モードになってしまった私は、小学3年生になる頃、ついにニンテンドー64を手に入れます。

 

当時は「たまごっち」マリオカート」「マリオパーティが大好きでした。

 

 
たまごっち!!!懐かしい!またやりたいです。

 

ゲームは1日1時間まで、という親との約束をよく守るいい子でした。笑

家族や女友達とワイワイ楽しめるパーティー系ゲームが好みでした。

 

プレステなどはこの当時もやったことがなく、私にとってゲームといえば任天堂でした。

 

大人になってから大ハマりしたゲーム「あつ森」

さて、時は流れて2020年。

コロナ禍になるのとほぼ同時に私は仕事を退職。4月から6月まで、2ヶ月ほどですがニート期間がありました。

その期間に大ハマりしたゲームがNintendo Switch「あつまれ!どうぶつの森」(通称「あつ森」です。

 

 

やっぱり任天堂じゃないか。笑

 

この頃はもういい大人(アラサー)でしたので、子どもの頃のお約束(「ゲームは1時間まで」)はありません。

時間があれば島に行き、せっせと島を開拓しておりました。

大人になってから一つのゲームにこんなにもハマるとは・・・!

 

総プレイ時間は100時間を軽く超えました。

 

私が特にハマったのは、

○新しい島民(動物)たちを探しに行く「離島ガチャ」

○サッカーチームのユニフォーム作り

です。

 

離島ガチャは、島民が島を去って行ってしまったときに、離島に行くと新しい動物たちに会えるというもので、可愛いキャラクターが出てくるまでひたすら離島に遊びに行っていました。

可愛いキャラクターに会えるととってもうれしかったのを覚えています。

 

ユニフォームづくりは、応援しているサッカーチームのユニフォームを見よう見まねで作っていました。

このユニフォームが・・・

このユニフォームがこんな感じ(↓)になるのです!

完全に自己満足の世界ではありますが、楽しかったです。

隣にいるのは旦那くんのキャラ

友達ともオンラインで遊ぶこともありましたが、コロナ禍でしたので、一人で遊んだり、旦那くんと遊んだりすることが多かったです。

旦那くんは一時期「釣り」と「カブ」にハマっていました。

 

 

最近はもう1年以上ログインしていませんでしたが、これを機にログインしてみました。

島民は変わらず可愛いメンツがそろっていましたが、自分自身のキャラには寝癖(これも可愛いのだけれど)があり、家にはGが大量発生(!!!)していました。

「放置していてごめんね」と思いつつ、またそっと画面を閉じました。笑

 

今はゲームよりも、読書やブログにハマっています。

今後、「あつ森」よりもハマるゲームは現れるのだろうか・・・。

 

そして、子どもが生まれたらゲーム機はやっぱり隠しておくべきかななどと、考え中です。

子育て世代の大人は昔ハマったゲームを現在どうしているのか知りたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!

まつこ

 

paiza特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」

paiza×はてなブログ特別お題キャンペーン「私がハマったゲームたち」「ゲームでプログラミング力を試してみよう」
by paiza