まつこごと

本好き多趣味の元教員・現保育士による雑記ブログ

夏フェスの楽しみ方

こんにちは、まつこです。

 

最近、iPhoneでブログを書くことがあたりまえになってきてしまっています。

 

...そのうち、今までの記事も見出しや目次を追加しますね。

 

 

 

さて、今日から千葉県の蘇我で「ROCK IN JAPAN FESTIVAL(ロック・イン・ジャパン・フェスティバル)」が開催されます。

 

そこでこの記事では、私なりの夏フェス※の楽しみ方をまとめました。

 

 

※「夏フェス」とは、夏に行われるフェスティバル(祭り)のことで、特に、会場内でロックバンドのライブが行われる「ロックフェスティバル」のことを「夏フェス」と呼ぶことが多いです。

 

 

私は毎年北海道で行われるロックフェスティバルライジングサンロックフェスティバルinEZO」に家族で参加しています。

先述したROCK IN JAPAN FESTIVAL(通称ロッキン)にも、何度か参加したことがあります。

 

 

これから夏フェスに行く予定の方はもちろん、夏フェスに行ったことがない方も、ぜひ読んでみてください!

 

そして、皆様に夏フェスの魅力が少しでも伝わると嬉しいです。

 

◯夏フェスの楽しみ方◯

 

1.フェス飯を食す、乾杯する

 

夏フェスの醍醐味、

それは、ごはんとお酒です。

 

f:id:matsuko_childsupport:20220806081554j:image

↑地元ならではのお店が出店していたり、

 

f:id:matsuko_childsupport:20220806082428j:image

↑夏の暑さが吹き飛ぶような冷たくて美味しい飲み物が売っていたりします。

 

f:id:matsuko_childsupport:20220806082629j:image

↑私はビールが大好きなので、もちろん乾杯もしちゃいます!

 

音楽を聴きながら外で食べるごはんって最高!!

なのです。

 

 

2.写真を撮る

 

会場中には「映える」スポットが多くあります。

 

好きなアーティストのライブ以外の時間には、写真を撮るのがおすすめです。

 

f:id:matsuko_childsupport:20220806082858j:image

↑いかにもフェス!という雰囲気で、とっても素敵ですよね。

 

f:id:matsuko_childsupport:20220806082933j:image

↑それぞれのオブジェは夜になるとまた雰囲気がガラッと変わるので、1日を通して楽しむことができます。

 

オブジェの前では写真を撮る列ができていることも。

 

グッズのタオルと一緒に撮るのもおすすめです!!

 

 

 

3.アーティストのおいしいところ(有名どころ)をかじる

 

夏フェスといえば、やっぱり「音楽」を聴くこと、これをメインに会場に行かれる方が多いと思います。

 

夏フェスに出るロックバンドの皆さんは、フェスでは必ずと言っていいほどバンドの「代表曲」を歌ってくれます。

 

自分があまり詳しくないバンドでも、1曲くらい知ってるよ〜というバンドならば、ぜひ生で聴いてみることをおすすめします!

 

有名曲は会場中で大盛り上がりをしてとっても楽しいです。

たとえば、以前、ジャパンジャムというフェスでみたORANGE RANGE

 

最近の曲は知りませんでしたが、私が中学生くらいの頃に流行っていた曲をたくさん歌ってくれて、とっっっっても楽しかったです!

 

さらに、知らない曲の中でも、「生で聴いたら意外と良かった!」と新たな音楽との出会いがあることも多いです。

 

 

 

皆様も、ぜひ一度「夏フェス」に行ってみてください!

この夏最高の思い出となること間違いなしです!

 

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

まつこ