まつこごと

本好き多趣味の元教員・現保育士による雑記ブログ

「ランナーズハイ」ならぬ「営業ズハイ」になった話。営業の仕事の人への尊敬の念。

ランナーズハイ」という言葉をご存知でしょうか。

ラソンなどで長距離を走っていると、なぜか「このまま永遠に走っていられるのではないか!」と思えるくらいのパワーが湧いてきて、幸せな気持ちになることです。

今日は、その「ランナーズハイ」によく似た感覚「営業ズハイ」(造語)について書きたいと思います。

 

この記事を書いた人

こんにちはまつこ(matsuko_tk)です。児童発達支援という、発達に支援が必要なお子さんと一緒に運動療育をする福祉サービスの施設で保育士として働いています。

最近オープンした事業所で働いているので、子どもたちと一緒に療育をする日もあれば、施設のことをより多くの人たちに知っていただくために営業に回ることもあります。

この記事では、その営業に回っている時の私の気持ちについて書いてみようと思います。

 

▼先ほどさらっと書いてしまいましたが、「療育」ってなに?と思った方は、こちらの記事を読んでいただけたら嬉しいです。

matsuko-childsupport.hatenablog.com

 

どんな営業をしているの?

私がやっているのは、端的にお伝えすると我が「児童発達支援」の施設を皆様に知ってもらうことです。

新しい事業所が4月にオープンをしたのはよかったのですが、残念ながら利用者がまだ定員に至っていません。もっと多くの方々に私たちの施設のことを知っていただけるように、近隣の幼稚園や保育園、相談支援の施設等を回ってチラシを置いていただいたり、職員の方々に施設の名前を知っていただいたりする活動をしています。

 

私の本日の成果報告

今日は事業所の最寄り駅の保育園からスタートをして、最終的には隣の区まで足をのばして施設を回ってきました。施設とは、例えば相談支援の事業所やスポーツセンター、子育て支援拠点などです。

事業所の最寄り駅にある保育園からスタートしたのは、しっかりとした理由があります。

それは、その保育園に初めて訪問した際、主任保育士の方がとても好意的に接してくださったからです。今日は新しく作ったイベントのチラシを持って行きました。前回同様、とっても優しく接してくださり、私はそれが嬉しくて「今日も頑張るぞ〜!!」、とやる気がメキメキと湧いてきました。笑

 

営業に行くと、不思議がられたり嫌な顔をされたりして心がやられそうになる時もあるのですが、「ここは絶対に話を聞いてくださる!と自信をもって言える場所」「担当の方と楽しく会話ができる場所」適度に挟むことでやる気が持続します。

今日も最初にその保育園に行ったおかげで、最後まで楽しく回ることができました。

(そして「営業ズハイ」なんていう言葉を思いついてブログを書いている・・・。一つ目に行った保育園の主任保育士さんのおかげです。〇〇さんありがとうございます。)

 

さて、そんなこんなで今日は全部で11ヶ所の施設やお店、保育園などにチラシを持参して訪問をしました。

本日の結果は・・・

11件のうち

4件が◎(大成功!チラシを置いてくれたり、貼ってくれたりした)

4件が〇(感触まあまあよし、チラシを受け取ってくれた・・・!)

3件が×(手応えなし…)

でした。

件数的にはまあまあよかったかな、と思っています。が、最終目標はチラシを置いていただくことではなく、利用者さんがきてくださること。

「大成功!」のところから利用者さんがきてくださらないと意味がないので、今日の成果がきちんと数字として出てくるのはまだ先のことです。でも、今のところ自分的には手応えがある営業となりました。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました!

 

「営業ズハイ」になった

今日は最初の保育園で元気をいただいたおかげで、訪問先の人と話すことがとっても楽しくなり、自分が予定していなかったお店や施設にまで足を運んでしまいました。

ご機嫌で訪問していると、たまたま入ったクリーニング屋さんのお姉さんが「チラシを置いて良いですよ!」と優しく言ってくださったり、コンビニにチラシを貼らせていただけることになったりと、良いこと尽くめでした。

「私はなんと運がいいんだろう!」と幸せな気分で歩きました。これぞ「営業ズハイ!」

勝手に言葉を作ってごめんなさい。3キロ以上走ったことがない私ですが、ランナーズハイ」ってきっとこんな気持ちなんだろうなあと思いました。

 

帰る頃には、すれ違う人たちにも挨拶をしたくなるような、そんな不思議な気分になっていました。笑

帰りの電車の中でも楽しさが持続していて、(いつもは混んでいる電車はとても嫌なのですが)混んでいても全然平気、むしろ近くにいる見知らぬ乗客の方々に話しかけたくてうずうずしてしまいました。

かろうじて理性が残っていたので話しかけることはしなかったのですが、いつもは無愛想な自分の顔が自然とほころんでいるのを感じました。

(この文章を書きながら自分のこと気持ち悪いな、って思っています。笑)

 

人見知りな性格なので、毎日訪問続きだとそれはそれで大変だろうな・・・と思ってしまいますが、たまに外に出て知らない人たちと話すのはとっても楽しいですね。

断られるとなかなかに凹みますが、「いいですよ!」と快く言ってくださったり「頑張ってくださいね!」と応援していただけたりするととっても嬉しかったです。

 

終わりに

今日は普段と違う仕事「営業」に行ってきたので書いてみました。(私が営業に行く頻度は1ヶ月に計5日間くらいです。あとは電話も少々しています。)

毎日「営業」の仕事をされている方にとっては、なんだこの記事!笑という感じかもしれませんが、自分にはとても新鮮なので書かせていただきました。

毎日「営業」をされている方々ことを私はとっても尊敬しています。

(機会があれば「営業」のコツなど教えていただけたら嬉しいです!)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

まつこ