まつこごと

本好き多趣味の元教員・現保育士による雑記ブログ

心屋仁之助さんの本を一気読み!心が軽くなりました!【今週の一冊】

f:id:matsuko_childsupport:20220416224506p:plain

4月16日(土)午後9時37分。洗濯機のスイッチを入れ、ふぅっと一息。

洗濯が終わるまで30分くらいあるので、30分でブログを書いてみようチャレンジです。

 

今日は、最近読んでいる心屋仁之助さんの本を紹介します。

心屋さんの本を読んでからというもの、びっくりするくらい「イライラすること」がなくなりました。また、心がスッと軽くなったような気がして毎日がさらに楽しくなりました。

嘘だと思うでしょう。

でも、本当です。

考え方が少し変わるだけで、こんなにも世界が違って見えるのかと自分でも驚いています。

どうですか?どんな本か知りたくなってきますよね。

それではいきましょう!

この記事を書いた人

まつこ(matsuko_tk)です。趣味はいろいろありますが、その一つに読書があります。ジャンル問わず年間で200冊以上の本を読んでいます。

ちなみに本はKindleで読むことが多いです。本棚に置いておきたいと思った本だけ書店で購入しています。Kindleも使い勝手がよく、通勤のお供に重宝しています。興味のある方はこちらをどうぞ▼

matsuko-childsupport.hatenablog.com

 

筆者:心屋仁之助さんとは

さて、まずは今日紹介する本たちを書いた筆者について書きます。

 

心屋仁之助さんです。(パチパチ)

この方は、肩書きとしては「心理カウンセラー」ということなのですが、本を読んでみるといまいち何をしている方なのかよくわかりません。笑

心屋仁之助さんのHP(★)を拝見すると、「性格リフォーム」という言葉も使ってらっしゃいます。「性格を変えることで問題を解決する」ので「性格リフォーム」と呼んでいるそうです。面白いですよね。

 

私も、心屋さんの本を数冊読むだけでもう性格が少し変化しているような、そんな気がしているので、この呼び方は間違えではなさそうです。

 

★心屋仁之助さんのHP

www.kokoro-ya.jp

 

そして、心理カウンセラーで有名になられたのち、ライブハウスや武道館で音楽活動もされているから驚きです。

私がこの筆者の本で2冊目に読んだ「ずるい生き方」(2020/10/22発売)では、

これまで14年近く活動し、70冊を超える著書を書いてきました。心理カウンセラーとしてはこれが最後の著書になるかなと思って書いています。

とあり、今後はミュージシャンに転向するとのことでした。

とても面白い、素敵な方だなあと思います。

 

私が一番初めに読んだ本

心屋仁之助さんの本とは、職場の同僚に「面白いから読んでみて!」とすすめられたのがきっかけで出会いました。

心屋仁之助さんの本の中で私が一番初めに読んだのは「『好きなこと』だけして生きていく。」という本です。Kindle Unlimited (Kindleの定額制サービス)にこの本が入っていたので、気軽に読むことができました。

 

 

この本を読んで一番初めに思ったことは、「とっても読みやすい!」ということです。

難しい言葉は一切出てきません。

文章がとてもわかりやすく、そして読んでいて「なるほど!」と目から鱗なことがたくさんあるのです。

 

一つだけ書きますと、

「自分は存在するだけで価値がある」から、「頑張らなくていい」という考え方です。

この本を読んでから、仕事をしながらも「頑張りすぎなくていいんだ」と気持ちがラクになりました。

 

他にもこんな本たちを読みました

はじめの一冊で心をうばわれて、そのあと心屋仁之助さんの本を片っ端から読みました。

 

「心屋仁之助のずるい生き方」

「心屋仁之助の『もうイライラしたくない!』と思ったら読む本」

「がんばっても報われない本当の理由」

「『夫婦神話』を捨てたら幸せになっちゃいました」

「あなたの性格は変えられる」

などです。

これら全て、Kindle Unlimited (月額980円)に入っておりました。

読み始めると、サラサラサラッとあっという間に読んでしまいました。どの本を読んでも心屋さんの根本的な考え方は同じですので、複数冊読むとその考え方がのバリエーションが広がるような、そんな感じがします。

 

 

・・・洗濯物が終わるまでに書けたのは残念ながらここまででした。

どんな考え方なのか、私が感じたことなどはまた次の記事で書いていきたいと思います。

 

30分って短いですね。

正直いいますとアイキャッチ画像だけ時間外に作りました。笑

 

もっと早く書けるようになりたいなあ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

まつこ