まつこごと

本好き多趣味の元教員・現保育士による雑記ブログ

小学校教員からの転職は難しい?~教員は本当に「つぶしがきかない」のか

f:id:matsuko_childsupport:20220124143014p:plain

こんにちはまつこです。

 

「教員はつぶしがきかない。」

という言葉を聞いたことはありますか。

私は教員として働いていたときに「教員ではない人」からそう言われ、とても悔しい思いをしました。

「教員はつぶしがきかない」というのは、つまり「教員しかやってこなかった人は、教員以外の仕事に就くことが難しい」という意味です。

教員というの仕事で培ったスキルは果たして本当に他の仕事の役立たないのでしょうか。

 

私は2020年3月に小学校の教員を退職し、転職活動を始めました。いざ教員からの転職活動をしてみると意外と仕事の候補はありましたし、いくつかの会社から内定もいただきました。

本記事では実体験も踏まえつつ、「つぶしがきかない」といわれる教員の転職について考えてみたいと思います。

 

なぜ教員は「つぶしがきかない」と言われるのか

プライドが高く、融通がきかないというイメージがある

教員は常に子どもに「教える」という立場にいるため、誰かから「教わる」ことが苦手、と思われているのかもしれません。

 

しかし、それはただのイメージでしかありません!(断言)

実際に教員として働いていた立場からすると、「後輩の私の意見をたくさん聞いて取り入れてくれる先輩先生」や、「謙虚で優しい神様のようなベテラン先生」、「現場の声を拾って柔軟に対応してくれる管理職」など、実に様々な先生方がいらっしゃいました。

 

学校現場では日々何かしらの事件事故が起こり、とっさの状況判断を求められる場面も多いです。そのため、臨機応変に動くことができる人も多いと感じます。

 

「プライドが高く、融通がきかない」というのは本当にただのイメージでしかないです。本当に様々な先生方がいらっしゃいますので、そんな一言では表せません。ただ、もし企業の採用担当の人がすでにこのようなイメージをもってしまっているのならば、面接などの場面で不利になってしまうかもしれません。自分のもっている力を十分に伝えられるよう、しっかりと準備をしていく必要があります。

 

「学校」独自のルールが存在する

「学校」という特殊な場での職ということもあって、「教員は社会に出たことがない。」と言われることもあるようです。

確かに学校には学校にしかない独自のルールが存在します。残業代が(ほとんど)でなかったり、お昼休みがとれなかったり(午後に振り替えていますが実質ありませんでした)と、労働条件も特殊です。

しかしそれは学校に限らず、医療事務の人が広告代理店の営業職になったり、カフェ店員がプログラマーになったりするなど、業種の異なる職に転職する際には同じようなことが起こるのではないでしょうか。

新たな職に就くためには、新たな考え方や技術を身に着ける必要があります。学校で働いていたからといって、新たな分野での活躍が難しいかといわれると、全然そんなことはありません。

新たな分野で活躍するかしないかは、その人が元からもっている素質や能力、努力次第です。

 

 

「教員だった」ことが生かされる場面

今度は逆に「教員の経験だって無駄じゃない!」そう思える場面を考えてみました。

1.観察力、傾聴力、それを伝えるコミュニケーション能力を生かす

教員は毎日、子どもの様子を観察しています。そして、その様子を保護者に伝えたり、他の先生方と共有したりしています。そのため、子どもの様子をみて変化をとらえることや、それを第三者に的確に伝えることが得意です。

また、子どもたち同士のトラブルを解決するために、子どもたちの話を聞くことも多いです。ていねいに話を聞き、状況を的確にとらえ、解決に向けて考える力も培われます。

 

一方で、結論から簡潔に話すということは苦手かもしれません。ビジネス(特に商談やプレゼン、会議等)において的確な話し方、プレゼンの仕方については、トレーニングをすることが必要です。

 

2.教員免許を生かす

教員免許を取得するためには大学に通ったり、試験を受けたりしなければなりません。そうして取得した教員免許状は、正規の教員の仕事以外にも生かすことができます。

例えば、こんな仕事はいかがでしょうか。

 

●学校関連の仕事・・・自治体の教員採用試験を受けなくとも、学校で働くことができます。産休や育休の職員の代わりに入る臨時採用職員や、週に何日・何時間と決めて契約内で働く非常勤講師などです。

正規採用と異なる点はいくつかありますが、メリットとしては、空き次第では学校をある程度自分で選ぶことができる(正規採用だと転勤先が選べないため)点や、子育てをしながらでも時間が短く少ない負担で働くことができる点などが挙げられます。

 

デメリットとしては、非常勤講師の場合は学級担任をもつことは時間的に難しく、専科担当や級外担当職員になってしまうことが多いということ、臨時採用職員として学級担任をもつことになると、ほかの正規職員と同じくらいの負担がかかってしまうということなどが挙げられます。

また、決められた契約期間があるので、同じ学校で安定して働き続けるということは難しいです。

ただ、近年は教員の退職者が後を絶たず、どの学校でも職員が足りていないという話をよく耳にします。私自身も、教員を退職してから何度か「非常勤講師になりませんか」という電話がありました。

本来、非常勤講師になるためには、こちらが各自治体に登録し、自治体からの連絡を待つ必要があります。しかし、その登録を一切していない私のところにまで話がくる、ということは、単純に教員の数が足りていないのだと思います。

 

●児童指導員・・・児童指導員とは、児童発達支援センターや放課後等デイサービスなどの福祉施設において配置が求められる厚生労働省が定めた職業です。教員免許があれば、児童指導員として働くことができます。

仕事の内容は、障害のある子どもたちへの療育や家族による養育が困難になった子どもたちへのケースワークなどです。

 

私自身も、教員免許を生かせる仕事を探していたときに、放課後等デイサービスでの児童指導員という仕事に出会い、働き始めました。

障害のある子どもたちと放課後を共に過ごし、一緒にトレーニングをしたり、勉強をしたりすることで、子どもたちの笑顔と成長がみられるとてもやりがいのある仕事です。また、子どもたちをモニタリングして保護者の方とともに今後の方針を話し合い、支援計画を作成する児童発達支援管理者(児発管)という仕事に就く際も、教員として働いていた経験が役に立ちます。(児発管になるためには、一定の経験年数や講習を受ける必要があります。)

 

●学習塾での仕事・・・教員として子どもたちに様々なことを教えていたノウハウを生かすことができる仕事として、学習塾での講師や子どもたちの学習プランを考えるという仕事があります。

学習塾は放課後の教科指導がメインとなりますので、生活指導や徳育、体育、食育等の指導も伴う学校とは若干異なる環境ではありますが、授業を通して子どもたちとかかわり、学力をつけていくという部分では共通しています。

教員免許が必須な仕事というわけではないですが、教員としての経験やそのときに身についたことをうまく伝えることができれば、採用面接の際のアピールになるかもしれません。

 

3.集中力、マルチタスクの能力、少し先の未来を想像する力を生かす(私の場合)

「教員として働いて身についた力はなんですか?」

もし私が通りすがりに人にそう聞かれたら「集中力」「マルチタスクの能力」「未来を想像する力」の3つを挙げるでしょう。

 

「集中力」は、仕事が急に増えた4~5年目くらいから少しずつついてきました。早く帰りたいがために、決めた時間内に集中して仕事をすることを意識しました。やると決めたら最後まで集中して取り組む力がつきました。

 

マルチタスクの能力」は教員という仕事の性質上、いくつかのことを同時に進めなければならないことが多くあったために身につきました。

(「マルチタスク」とは、いくつかの仕事を同時に進めることをいいます。対義語は「シングルタスク」です。どちらがより優れている、というわけではなく、どちらの働き方にもメリットとデメリットが存在します。)

例えば運動会の時期には、日々の授業の準備に加え、学年競技の企画や音楽隊の演奏の指導、職員に割り当てられた係の仕事(私は数年間審判係でした)など考えなければいけないことがたくさんありました。

マルチタスクはシングルタスクに比べると一つ一つの仕事が雑になってしまったり、漏れがでてきてしまったりする心配もあります。私は「To doリスト」を作ったり、見通しをもって予定を組んだりすることで、一つ一つの仕事に漏れがないように取り組む力がつけることができました。

 

3つめは「少し先の未来を想像する力」です。

教員という仕事は未来を担う子どもたちに対して「この子たちが大人になったらどうなるのか」「どんな大人になってほしいのか」ということを常に考えながら働く仕事です。

「この授業によってこの力をつけると、将来こんなことに役に立つ」とか「これができたから次はこれができるようになる」という風に、常に少し先の未来を想像しながら子どもたちとかかわるように意識してきました。

その力は、プロジェクトの完成図を想像しそのために今すべきことを考えたり、今後の世の中を見通して事業計画を立てたりと、学校以外の場所でも役に立つ場面があると考えています。

 

教員に足りないこと

最後に、教員が転職するにあたって「少し足りないかもしれないこと」を考えてみました。

1.会社のために働くという視点

教員という仕事の給与は税金で賄われています。また、給与は年功序列制であり、働き方による明確な金額の差はありません。(一応評価制度がありますが、微々たる差です。)

そのため、「会社(学校)の利益のために働く」といった考え方はありません。もちろん、学校の備品や職員の出張費などには公費を使うわけですから、備品の管理や光熱費の節約などは意識しながら働いてはいます。

しかし「会社(学校)のために働いて、業績を上げたい。(あわよくば給料を上げたい!)」という視点はありません。第一に子どもたちのために、第二に保護者のため、さらには地域のために、といったように社会のために働くという意識と、自分のやりがいのために働くという考えしかありません。会社で働くことになれば(社会貢献や顧客のために、また自分のやりがいのために働くという視点ももちろんありますが)「会社のために働く」という視点も必要になってきます。

 

2.結論から簡潔に話す話術

先述しましたが、教員は結論から簡潔に話すことが苦手な人が多いと思います。

教員の会議はなぜかとても長いです。1時間弱かけて、議論は特になく報告事項だけということも。「働き方改革」という言葉が流行ってから数年経ち、少しずつ会議のやり方が変わってきたようにも思います。しかし、それでやはり話がまとまらず長い方も多く、会議時間もそこそこに長い現状でした。

教員は子ども相手に毎日「話す」ということをしているので、話がうまくなりそうな気もするのですが…。

 

転職先の仕事内容にもよりますが、ビジネス(特に商談やプレゼン、会議等)においては特に、話し方のトレーニングをすることが必要であると考えます。

 

 結論「教員はつぶしがきかない」なんてことはない。

 

実際に、私も転職することができました。

私の場合は「放課後等デイサービス」での児童指導員という、教員と同じように子どもたちを相手にする仕事に就きました。「なんだ、結局子ども関係の仕事かあ…」そう思われる方もいらっしゃると思いますが、そうです。私にとっては「子どもと関わってその成長を支援すること」がやりがいであり、楽しくできる仕事だったんですね。

今は教員時代と比較して、のんびりかつ楽しく働くことができていますので、転職して本当によかったと思っています。

教員時代の知り合いにはウェブ関係の仕事に就いた元先生や、心理士として一般企業に転職した元先生もいらっしゃいます。子ども関係、教育関係以外の仕事にも就くことができます。

もう「教員はつぶしがきかない」なんで言わせないぞ!

教員時代に培った力はぜひ生かしながら、足りない力はこれから勉強をして身につけていけばよいのです。

 

 

最後までよんでいただきありがとうございました。

 

まつこ